一宮

0

    IMG_3620.JPG

     

    赤磐にいいお宮があるよと聞いていたんだけれども、

    備前から向かうにはどちらかというと建部を目指すイメージ。

    いきなりの激坂にただならぬ雰囲気がただよいます。

     

    IMG_3600.JPG

     

    石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)。

    派手な雰囲気はまるでなく、むしろ地味〜な雰囲気がすごみを感じさせる備前の一宮。

    すなわち備前国最強のお宮です。

     

    IMG_2154.JPG

     

    奥の院への参道入口。

    布都御魂とは剣という意味だそうで、祭神はスサノオ。

     

    IMG_35762.JPG

     

    日本書紀と古事記の、あの想像力はいったいどこから来たのだろう?

     

    IMG_2169.JPG

     

    いったんはスサノオが手にしたアメノムラクモノツルギ。

    その後、ヤマトタケルが手してクサナギノツルギ。三種の神器のひとつ。

     

    IMG_2172.JPG

     

    その神剣はその後、平家ととも関門海峡に沈んだということになっているけれど、

    異伝として、その剣はこのお宮に収められて、近代になって錆びた剣が発掘されたそうな。

     

    IMG_2183.JPG

     

    そこから備前の刀鍛冶によって3本のレプリカがつくられ、

    そのうちの1本がここに収められた。

     

    IMG_3578.JPG

     

    山頂の本宮周辺の磐座は立ち入り禁止。

    ここはリアルパワースポット。

     

    IMG_3590.JPG

     

    この魔除け、効きそう・・・

     

    いにしえのロマンを感じつつ、機会があればぜひお訪ねくださいませ。

     

     

     

     


    Up & Up

    0

      IMG_2871.JPG

       

      みなさん、あけましておめでとうございます。

      我が家は今年は備前で年越し。

      午前0時過ぎ、地元の神社まで歩いて初詣に行ってきました。

      熱い甘酒がおいしかった。

       

      IMG_2882.JPG

       

      正月の朝、初ジョグしてみたら、人がいなかった・・・

       

      IMG_2059.JPG

       

      1日のスーパームーン

       

      IMG_2945.JPG

       

      ファーストサンセット

       

      IMG_2906.jpg

       

      翌日、毎年訪れる海の神さま、赤穂御崎の伊和都比売神社。

      沖に見えるのは去年の夏、家族でボート遊びをしてたら風が強くなって本土側に帰れなくなってしまい、

      あらぬ一夜を過ごした家島諸島。

      今となってはいい思い出とはいえ、あんな想いは二度としませんように。

       

      なにはともあれ、みなさんにおかれましても、昨年より1回でも多く笑える1年になりますように。

       

       

       

       


      27℃のクリスマス

      0

         

        5年ぶりの沖縄本島

         

        IMG_1775.jpg

         

        イブの日は地元もびっくりの27℃

         

        IMG_1662.jpg

         

         

        IMG_2205.JPG

         

         

        ホテル客のほとんどが外国人だったのにはびっくり。

        中国の大型客船が就航してからだそうで、韓国人も多いです。

        国際通りなどメジャー観光地も同じで、ハイシーズンになると日本人率はもっと低くなるそう。

        ドンキホーテができていたのには引いてしまった。

        あのスローな沖縄のイメージはなんとなくうすれて、時代も変わったんだな。

         

         

        公設市場の中も、店員と客の間で中国語が飛び交い、

        目を閉じてると(閉じなくても)中国本土や台湾の市場気分になれます。

         

         

        こちらは変わりなく。

        大好物の津波(ツハ)の前田食堂の牛肉麺。

         

         

        沖縄本島は自転車レースなどで通っていた時期があって、

        ここ東シナ海にそった国道58号はその中でもたまらなく大好きな道。

         

        IMG_1894.jpg

         

        沖縄最北端の辺戸ちかくからヤンバルと東シナ海

         

         

        辺野古。

        百歩ゆずってヒドイ話。

        沖にはオイルフェンスに囲まれた一画が見えます。

        シュワブのゲート前では拡声器の人が、警察や機動隊と向き合ってます。

        反対運動つぶしの目的で、目をつけた車の前をわざとゆっくり走って、

        ほとんどが追い越し禁止の太平洋側の山道で、追い越そうとしたところで捕まえるとか普通だそう。

        機動隊の暴力も本当だそうで、基地に依存している派と、自然派の溝はさらに深まり、

        自然目当てに沖縄を訪れる私たちは時に複雑な心境になってしまう。

        公設市場では米軍機から落下したパーツに対する抗議の新聞がおかれ、その横で米軍人が買い物していたり、

        ホテルの朝ビュッフェの入り口におかれた新聞の一面には中国のシーパワーに対する軍事費増額の記事があり、

        その横を中国人家族が通り過ぎて行きます。

         

        IMG_2174.jpg

         

        娘は3回目の沖縄。前回はもの心つく前で記憶はまったくないらしいけど、

        今回はこの時期のこの暖かさに心を動かされたようで、

        早くまた行きたい(戻りたい)と無茶を言ってる。

        それは大人の私もまったく同感・・・

         

         

        さてさて、こちらはホテルスタッフに教えたもらったエビ好きの聖地。

        フレッシュな活きクルマエビをいやってほど味わいたおすことができます。

         

         

        刺身のほか、シンプルな塩焼き、ボイル、フライ、天ぷら、からあげなど、

        私はもう、このためだけに沖縄に行ってもいい・・・

         

         

         

         


        ふらふら

        0

          IMG_1653.jpg

           

          みなさん、年の瀬をいかがお過ごしですか?

          わたしは年末らしく、人並みにそこそこせわしない日々を過ごしております。

          このタイミングにデザインコンペが二つも重なり、

          倒れそうになりながら今年最後の力を振り絞って望んだところ、

          なんと両方ともゲットという離れ技を決めることができました。

          わたしのデザインを気に入っていただき、ほんとうにありがとうございます。

           

          IMG_1654.jpg

           

          そういうわけで今年最後の功労者賞を自分にあげたい。

          そして、みなさん、ラストジェダイはご覧になりましたか?

          わたしは公開初日に観に行ってきました。

          レイアもかなりミラクルでしたけど、やはり最後の力を振り絞ったルークにも功労者賞をあげたい。

          ラストジェダイはここ最近のスピンオフを含めたシリーズの中でもベストと言えましょう。

          年が明けたらもう1回、いや2回でもスクリーンで観たいと思っているところです。

           

          IMG_1608.jpg

           

          横浜で仕事を終え、どうしても同発の赤いチャーシューが食べたくなって中華街をふらふら。

           

          IMG_1731.jpg

           

          町田で忘年会の翌日、なつかしい三浦〜湘南をふらふら。

           

          IMG_1766.jpg

           

          中目黒で忘年会の前にイルミを見ながらふらふら。

           

          IMG_1827.jpg

           

          ふらふらになって備前に帰ってくると、ゆずが届いていました。

          山で育てたものだそうで、とてもいい匂い。

          ありがとうございます。

           

          IMG_1854.JPG

           

          首都圏とくらべて備前はほんとうに冷えて、朝の自転車は寒すぎるのでランが多くなります。

          音楽聴き放題のApple musucとBluetoothイヤホンのコンビネーションはとてもよく、

          音楽の力を借りるとサクサク走れる方にオススメです。

           

           

           


          バンコクでナーラック

          0

            ブッキングの時にちょっとしたミスタイプをしてしまい、パスポートと微妙に一致しない。

            最近また、こういう細かいところが厳しくなったそうで、岡山空港ではお目こぼしはもらったものの、

            空港によっては発券されないリスクもありますよ〜と釘をさされたまま出発。

             

            IMG_0634.jpg

             

            ま、なんとかなるかと思いつつも、帰国便のチェックインカウンターでもやはりそこを突っ込まれて、

            言い訳けをしつつも参ったなあと思いつつ、

            タイの友人から習ったナーラック(可愛いね)という言葉をふと思い出し、

            唐突ですが、カウンターのお姉さんにYouナーラック!と言ってみたところ、

            なんとなくお姉さんの顔も和んだように見え、めでたく、新しいチケットをもらうことができました。

             

            これがナーラック効果なのか、そのままでも普通に通してもらえたのかは今となっては不明だけど、

            タイはホント〜にいい国だ。

            というわけで、2年ぶりにバンコクに行ってました。

             

             

            昨年、王様が亡くなり、お目出たいことは自粛ムードということもあって、

            すなわち私の仕事も延期になっていたのですが、こちらは新しい王様。

            はじめまして。

             

            IMG_0789.jpg

             

            IMG_0815.jpg

             

            IMG_0849.jpg

             

            IMG_0794.jpg

             

            IMG_0713.jpg

             

            IMG_0888.jpg

             

            こちらはナイトマーケット

             

            IMG_0884.jpg

             

            昆虫シリーズ

            食ったかって?

            食うわけないでしょ

             

            IMG_0880.jpg

             

            日本人なのに食べづらいお寿司シリーズ

             

            IMG_0902.jpg

             

            幻のジュースだそうで、とても目にいいそうです

             

            IMG_0904.jpg

             

            食後にうれしいタイワッフル

             

            IMG_0918.jpg

             

            バンコクの夜は長い・・・

             

            IMG_0983.jpg

             

            こちらチャイナタウン

             

            IMG_0984.jpg

             

            食いたいんだけどな・・・悩みつつ、やめました

             

            IMG_1477.JPG

             

            IMG_1455.JPG

             

            地元の友人に教えてもらったチャイナタウン近くの問屋街、Sampeng Market。

            BTSと船を乗り継いで行ってみました。

             

            IMG_1467.JPG

             

            地元だけでなく日本のバイヤーさんもここから仕入れて行くそうで、どちらかというとプロ向きだそうです。

            小売もあるのでちょいちょいつまみ買いはできますが、迷路です。

            正直言って、バンコクでいままで訪れた中でいちばん面白かった。

            のんびり見て回るには丸2日は欲しいかも。

             

            IMG_1465.JPG

             

            IMG_1431.JPG

             

            IMG_1452.JPG

             

            IMG_1458.JPG

             

            IMG_1496.JPG

             

            IMG_1513.JPG

             

            トゥクトゥクもだんだん減ってきてなんだかさみしい

            あいかわらず走りはレーシーです

             

            IMG_0737.jpg

             

             

            IMG_0751.jpg

             

            エラワンの近くに怪しいパビリオンができてました。

            タイをはじめ、おとなりミャンマー、中国、インド、などなど

            東アジアの仏教、ヒンドゥー系の神様がギャザリングしてます。

             

            かなりのインパクトがありますし、ガイドの住職もかなりいいキャラをしており、飽きません。

            ドネーションするとチープなチャームがいただけるので、ご利益のバラ撒きにもいいかも。

             

            IMG_1015.jpg

             

            ディープフライドシーバス。たぶんパーチ?

            体こわしそうなくらい辛いですけど、めちゃめちゃうまかった〜!

             

            IMG_0658.jpg

             

            IMG_1047.jpg

             

            今回もバンコクでディレイ。

            上海では岡山行きゲートに到着した時点で待ち時間ゼロ。

            あいかわらず焦らせてくれます。

             

             

             


            Fork in the road

            0

              部活と女子のことしか考えていたかった高校時代。

              寒い冬も暑い夏も、早朝から終バスまでひたすら練習し、

              最後の記憶は自分のつま先、気づいたら保健室ということも2回や3回じゃなかったかも。

              そんな過酷な日々を過ごした高校の同窓会に行ってきました。

               

              結論から言ってしまうと、苦楽を共にしたという本当の意味が、

              今になってわかったというか、これだけの年月が経ちながら、

              一瞬であの時代に戻ってしまう、絆という言葉はあまり好きではないけれど、

              兄弟のような感覚が不思議な素敵な時間でした。

               

              部活ほど濃くはなかったクラスの友人たちはさらに謎めき、

              名札を見ても誰だかわからず、なんとなく話を合わせてしまったり、

              思い出すにつれ青ざめたり、笑ったり。

              年月はいろんなことを時効にしてしまい、こういう世界もあったんだなあと。

              もしかしたら今世紀でいちばん刺激的で挑発的なパーティーだったかも?

               

              でも、もう一度あの時代に戻りたいかと聞かれれば、絶対に戻りたくないな。

              今の自分が、無数の分かれ道を奇跡のように通過してきた結果だと思えば、

              もう一度やり直すなんてことは恐ろしすぎて絶対に無理。

               

              24歳のときに独立し、未来のことしか興味がなく、いつも前のめりだった。

              過去なんて足を引っぱるだけものと思っていたけれど、過去を大事にすることも大事だぞと。

              未来と過去の真ん中にいることの大切さを(当たり前のことなんだけども・・・)、

              立ち止まって見ることの大事さを、いまさら、こんなところから学習してしまったのでした。

              そういうわけで忘年会も増え、今年はいつになく賑やかな12月になりそうです。

               

               

              IMG_0443.jpg

               


              獅子舞

              0

                IMG_1211.JPG

                 

                獅子舞が終わって一気に寒くなってきました。

                娘は念願の大役を得て1ケ月の間、1度も休まずに毎晩の練習に参加。

                本番当日は台風の大雨のなか町中をまわり、

                ほんとうにほんとうによくがんばりました。

                これは宵宮の晩、神前で舞を奉納しているところ。

                ママの笛もいい音が出るようなって、いよいよエア笛も卒業。

                この獅子舞はもう300年以上も続いていて、子どもがハナダカを踊るのは非常に珍しく、

                備前の無形文化財にも指定されているそうです。

                 

                IMG_9947.JPG

                 

                IMG_0083.JPG

                 

                オイスターファン待望の季節。剥きカキ始まってます。

                まだまだ小ぶりですが、今期のカキの出来はまずまずの様子。

                これは剥いたあとの貝殻がカキ剥き場からベルトで排出されて台船に積まれているところ。

                カキ殻は海底に撒かれてアマモの育成に利用されます。

                殻付きの販売は23日からはじまるそう。

                 

                IMG_0032.JPG

                 

                IMG_0059.JPG

                 

                IMG_0054.JPG

                 

                IMG_0055.JPG

                 

                 

                 

                 

                 


                備前焼まつり

                0

                  IMG_9736.JPG

                   

                  今年の備前焼まつり。

                  2日目は空模様が心配ということで初日に行ってきました。

                  ・・・そう思ってる人は多かったみたいで、けっこうな人出。

                   

                  IMG_9723.JPG

                   

                  IMG_9740.JPG

                   

                  IMG_9739.JPG

                   

                  大人が悩めば、子どもも悩む備前焼き。伝統のみならず、商売的にも非常にディープな世界もあるようで、

                  思わず二度見してしまうようなおプライスはそれはそれとして、

                  私たち庶民は身の丈で、料理やお刺身がちょっと背伸びしてくれればOK。

                   

                  IMG_9812.JPG

                   

                  ということで今年のメインテーマはカワハギ料理。

                  なかなかよい色を揃えることができました。

                   

                  急に寒くなってきました。

                  風邪など召されませんように。

                   

                   

                   

                   


                  マルハゲ

                  0

                    IMG_1023.JPG

                     

                    来月はもうカキがシーズンインなんて・・・

                     

                    今年はマルハゲ(カワハギ)が絶好調のようで、

                    そういう我が家も地元の秘儀を教えてもらい、だいぶスキルアップしてまいりました。

                    カワハギ釣りといえば関東のマニアックなスタイルしか知らなかった私は目からウロコ。

                    魚もひと潮ごとにひとまわり大きくなるので釣って楽しく食べておいしく、

                    煮付けにすれば箸がとまらず、もちろん刺身も最高です。

                     

                    IMG_9668.JPG

                     

                    IMG_1067.jpg

                     

                    IMG_1077.JPG

                     

                    おいしい秋。

                    ママの力作も完成しました。

                     

                     

                     

                     


                    ぼんやりしてたら・・・

                    0

                      IMG_9530.JPG

                       

                      ぼんやりしてたら

                       

                      IMG_9476.JPG

                       

                      山はすっかり秋

                       

                      IMG_9448.JPG

                       

                      IMG_9438.jpg

                       

                      IMG_9479.jpg

                       

                      IMG_9465.JPG

                       

                      IMG_9444.JPG

                       

                      季節に取り残されないよう、しっかりせねば・・・

                       

                       

                       

                      そうそう、秋だというのにあきらめきれずにしつこくシイラを探してみたところ、

                      おるやん・・・

                      とってもうれしい瀬戸内初シイラを釣ることができました。

                      サイズは太平洋のものとはくらべものになりませんけど、黒潮を離れてこんなところまでようこそ。

                      釣ったシイラは全部逃してきました。

                       

                       



                      calendar

                      s m t w t f s
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      selected entries

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM